SSブログ

ストラスブール大聖堂の天文時計(その1・見学方法) [ストラスブールのスポット]

ストラスブールのカテドラル(大聖堂)の中には天文時計があります。15分ごとにチーンと音が鳴り、人形も少し動きますが、このからくり時計のハイライトはお昼12時半(毎日)です。平日はこの時間にはカテドラルは閉鎖され、入場料を払った人だけが見学できるようになっています(2ユーロ、2012年2月現在)。なお、日曜や祝日は12時半に行けば無料で見ることができますが、ビデオ説明はありません。

入場料を払って見学する場合(ストラスブール・パスでも入場可)は、下記のような流れになっています。
ガイドブックなどに書いてある時間(12:30)では遅すぎるので要注意です!

  ・11:45 南(正面右側)から入場開始
  ・12:00 ビデオ説明開始(英語、フランス語、ドイツ語)
  ・12:30 からくり人形が動く
  ・12:35(?) 終了

観光シーズンは、入場時刻前にはかなり長い行列ができます。中も混雑しますが、隙間を見つけて、時計の左上のニワトリ(①)、上段にあるキリストの人形(②)、その下の骸骨人形(③)、そして時計の上に座っている天使の人形(④)、それに時計の左側に設置されるスクリーンが見える場所を確保しましょう!
ビデオは20分以上あり、人形が動くのは5分ほどだけですが、何しろメインは時計です。スクリーンより時計の各パーツが見える場所をお薦めします。
        HorlogeAstronomique-film.JPG     HorlogeAstronomique-1.JPG
          天文時計左横のスクリーン          からくりが動く部分

チケットは、内部カード売り場(9時~11時半)、もしくは南側チケットブース(11時20分オープン)で買うことができます。なお、カテドラルのプラットフォーム(66m、332段)に上り、更にイル川クルーズをする場合は「ストラスブール・パス」がお得です(14ユーロ、2012年2月現在。毎年値上げ…)。このパスはカテドラル正面左側にあるツーリスト・インフォメーションで買うことができます。3日間有効で、美術館にも入れます(1つ目無料、2つ目半額)。

ただし!第1日曜日に観光できる方は、天文時計はタダですし(ビデオなし)、カテドラルのプラットフォーム、多くの美術館も無料になります。余程あちこち回るつもりでない限り、ストラスブール・パスを買っても得ではありません。上手に使い分けると良いと思います。

ストラスブール大聖堂サイト:
 http://www.cathedrale-strasbourg.fr
 (観光時間等はこちら)  http://www.cathedrale-strasbourg.fr/horloge.aspx

ストラスブールパスの案内
 http://www.otstrasbourg.fr/article.php?id_article=123&lang=en

(参考)
 ブログ記事 「ストラスブール・パス」(2011年6月15日)
 ブログ記事 「ストラスブール大聖堂の天文時計(その2・からくり)」(明日)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。