SSブログ
前の10件 | -

10年前の風景 [ストラスブールのスポット]

あっという間に今年も8カ月が終わりました。
この1年半は県境すら越えることもほとんどなく、海外の国は本当に遠くなりました。

10年前は何をしていたか、振り返ってみました。

写真を辿ると、友人が遊びに来ていて、一緒にストラスブールで船BATRAMAに乗っていました。

petitefrance.2011.09.JPG

アマゾンでストラスブールで検索してみたら、「世界のコンパクトシティ: 都市を賢く縮退するしくみと効果」(学芸出版社)という本が出てきました。

下にリンクをつけていますが、紹介文は以下のとおり。

「世界の住みやすい都市ランキング、上位7都市の実践を豊富なカラー写真&図面で紹介!
アムステルダム、コペンハーゲン、ベルリン、ポートランド、トロント、メルボルン等7都市に学ぶ世界で最も住みやすい都市づくり。」

本の紹介文のうち、アムステルダムからメルボルンまでで6都市。7つのうち6つまで名前が書いてあるのに、唯一「等」で省略されたのがストラスブールのようです。
ほろ苦い気持ちになりました・・・。

いつかまた気軽に行ける日が来ることを願って。


世界のコンパクトシティ: 都市を賢く縮退するしくみと効果

世界のコンパクトシティ: 都市を賢く縮退するしくみと効果

  • 出版社/メーカー: 学芸出版社
  • 発売日: 2019/12/21
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

オリンピック開幕 [生活]

いよいよ1年遅れの東京オリンピックが始まりました。
新型コロナウイルス感染防止のためほとんどが無観客開催ということですが、開会式の日にはモニュメントや国立競技場周辺に人だかりができ、開幕賛成派と反対派で小競り合いもあったとか・・・オリンピック開催を機に感染者が増えないことを祈るばかりです。

私はもっぱらテレビでの観戦です。ブルーインパルスの5つの輪、見たかったな・・・

賛否両論あったものの、いざ始まると公式グッズが一気に売れ始めたようで、店には列ができ、公式サイトも接続しづらくなっているようです。ひと月ほど前にスーパーで買った公式キャラクターのシャーペンが唯一の思い出の品になりそうです。

ところで、アメリカの記者がパッケージを見て感動したという記事を見て、日清食品の「カップヌードル 氷見カレー ビッグ」を買ってみました。
パッケージにはバスケ八村塁選手がドン!
テレビで観戦しながら食べようと思います!


日清食品 カップヌードル 氷見カレー ビッグ 108g×12個

日清食品 カップヌードル 氷見カレー ビッグ 108g×12個

  • 出版社/メーカー: 日清食品
  • 発売日: 2021/07/12
  • メディア: 食品&飲料


カップヌードル 氷見カレー ビッグ(日清食品サイト)
 https://www.nissin.com/jp/products/items/10589

Web限定CM カップヌードル「富山のスター 八村塁 篇」
 https://www.nissin.com/jp/products/cm/322 (日清グループwebサイト)
 https://youtu.be/A6eWaH0i7Qc (YouTube日清グループ公式チャンネル)


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

フランスの夏 [イベント]

今年もいつの間にか7月になりました。

フランスの夏といえば、ソルド(Soldes;セール)、ツール・ド・フランス(Tour de France)。

懐かしのアルザスのソルド期間をチェックしてみました。
本土のほとんどの地域は、同じ期間のようです。

2021年夏: 6/30(水)8:00~7/27(火)

参考:
 https://www.economie.gouv.fr/particuliers/dates-soldes#

懐かしいです。

一方の、ツール・ド・フランスは、6/26(土)~7/18(日)開催です。今年は、アルザス方面は走らないようです。本日は第13ステージ、ニームからカルカッソンヌに至るコースでレースが行われます。
新城幸也(あらしろゆきや)選手(BAHRAIN VICTORIOUS所属)も出場しています。ガンバレー!

オフィシャルサイト:
 https://www.letour.fr

日本語でもJ-SPORTSで中継しているようです。
 https://www.jsports.co.jp/cycle/tour/

現地で観戦したことを懐かしく思い出しました。
自転車が来る前にたくさんの車が来ていろんなものを蒔き、帽子やペンをもらったのでした。

今年も観戦は可能です。マスクをしてソーシャルディスタンスを保つように(そしてガイドラインを読むように)、と書いてありました。
すでに、TVに向けて看板を見せることに夢中になっていた観客が、自転車の道を妨げてけが人が多数出たというニュースもありました。後で捕まっていたような気がしますが…
マナーはぜひ守ってほしいものです。

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:日記・雑感

世界遺産検定 [生活]

新型コロナウイルスが猛威をふるい始めてから、もう1年半ほどになります。
県境もほとんど超えることなく家から出ることも減ってしまったので、せめて本の中で!ということで、世界遺産検定にチャレンジしました。

だいぶ前に2級までとっていたので、今回は1級です。

2か月前に本をそろえたものの(テキスト上下と過去問1冊、計3冊)1000件を軽く超えてしまった世界遺産をすべて覚えることは難しく、最後には直前の2日ほどで的を絞って詰め込み、絶望的な気持ちで当日を迎えました。昨年は委員会が開かれず新たな登録案件の審議ができなかったので、落ちても同じテキストで足りるな、と受ける前から敗北感たっぷりでした。

申し込み後に感染者が増えていたのでヒヤッとしましたが、受験日は緊急事態宣言の期間外でした。受験会場の某大学では、ちょこちょことアルコールを配置してはあったものの、大きな教室に固定された机&座席の配置は狭く、隣がいないとはいえちょっと恐怖でした。幸い、咳をする人はいませんでした。

ネットには過去問はあてにならないと書いてありましたが、この回ではいくつか見たことのある設問があり、また、直前に覚えた部分もあって、思ったより感触は良かったです。わからないところは何度見ても同じなので、2度内容を確認してさっさと会場を後にしました。

sekaken1st.jpg回答が公開されると自己採点です。内容を把握していたのに質問の意味がわからず(深読みしすぎた)落としたものもあってやや悔しい部分もありましたが、ギリギリすぎない程度に合格点に達していました。
その後、ちゃんと合格の通知が届きました。受験料が高かったので、受かって良かったです!

今年は日本から2件(2年分と思われます)登録見込みとなっています。奄美大島、いつか行きたいな。


すべてがわかる世界遺産大事典<上><第2版> 世界遺産検定1級公式テキスト

すべてがわかる世界遺産大事典<上><第2版> 世界遺産検定1級公式テキスト

  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2020/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


すべてがわかる世界遺産大事典<下><第2版> 世界遺産検定1級公式テキスト

すべてがわかる世界遺産大事典<下><第2版> 世界遺産検定1級公式テキスト

  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2020/03/18
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)


世界遺産検定公式過去問題集1・2級<2021年度版>

世界遺産検定公式過去問題集1・2級<2021年度版>

  • 作者: 世界遺産検定事務局
  • 出版社/メーカー: マイナビ出版
  • 発売日: 2021/03/15
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:資格・学び

ミシュランガイドのチェック [ストラスブールのスポット]

思い出に浸っているうちに年度があけ、ハッと思い立ってミシュランガイド2021(France)をチェックすることにしました。まずは早速、Webでストラスブールのレストランを検索!

ミシュランガイドのWeb(英語)
https://guide.michelin.com/en

「Strasbourg」で検索し、レストランのタブを確認すると、ヒットするレストランは30店。うちストラスブール中心地にあるのは21店で、星付きのレストランは5店でした。
私が住んでいたのはずいぶん前ですが、それより以前から続く星付きレストランもあり、懐かしい気持ちになりました。

1つ星レストラン
・Umami
・Les Funambles
・1741
・Au Crocodile
・Buerehiesel

コロナ禍の中、元・星付きレストランの中には、テイクアウトできるようになっているところもありました。大好きなレストランだったので、近所に住んでいたら、たまには買いに行っていたかも!?

新しいパスポートは使わないまま1年以上が経過し、国内でも1年以上レストランには行っていないので、せめてネットでだけでも美味しいものを見たい・・・。

Amazonでチェックしてみたら、ミシュランガイド2021(フランス)の発売日は、2021年4月7日だそうです。


The Michelin Guide France 2021: Restaurants & Hotels (Michelin Red Guide France)

The Michelin Guide France 2021: Restaurants & Hotels (Michelin Red Guide France)

  • 作者: Michelin
  • 出版社/メーカー: Michelin Travel Pubns
  • 発売日: 2021/04/07
  • メディア: ペーパーバック



nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:グルメ・料理

2013ニューカレドニア その5(リビエル・ブルー州立公園) [バカンス]

引き続き、思い出に浸りつつ書く2013年ニューカレドニア旅行の記事です。
 → 2013年ニューカレドニア旅行記事一覧はこちら

ヌメアで現地ツアーを申し込み、名物ガイドの案内(日本語)でリビエル・ブルー州立公園(Parc de la Rivière Bleue)に行きました。9000ヘクタールもの保護区がある、鮮やかな色彩が印象的な公園でした。ヌメアからは約1時間で行けるようです。
ニューカレドニアといえば海!というイメージですが、土壌や植物について教えてもらいながら散歩し、バーベキューでおなかを満たし、珍しい鳥にも会えて、楽しかったです!

riviere.bleue2013-1.JPG

リビエル・ブルー州立公園
https://www.nouvellecaledonie.travel/fr/grand-sud/yate/parc-riviere-bleue
*上記ページ右肩のメニューから言語を選べます

続きを読む


nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2013ニューカレドニア その4(ウベア島) [バカンス]

引き続き、思い出に浸りつつ書く2013年ニューカレドニア旅行の記事です。
 → 2013年ニューカレドニア旅行記事一覧はこちら

この時はヌメアのアンスバタ地区を拠点にしていましたが、やっぱり島にも行きたいということで、日帰りツアーを使って「天国に一番近い島」と言われるニューカレドニアのウベア島(Ouvéa)に青い海を見に行きました!

ヌメアからウベア島までは、マジェンタ空港(Aerogare de Nouméa Magenta)から飛行機(air calédonie)で約35分です。

ouvea2013-01.JPG

ウベア島の空港では、レンタカーや路線バスはなさそうでした。現地ガイドがいるツアーにして良かったと思いました。しかも日本人の方だったので、ストレスがなく楽でした。

空港の前にあった彫刻は、独立のために戦った人たちのお墓だそうです。

ouvea2013-02.JPG

開いていればラッキーと言われた石鹸工場も見学できました。ココナッツの石鹸(ニアウリオイル入)をお土産に買いました。

ouvea2013-03.JPG

島の唯一の桟橋を歩きました。ドラム缶があって、確かに輸送用に使われているのだと思いました。海がとにかく透明できれいでした。

ouvea2013-04.JPG

その後、島の文化に触れる場所、青い洞窟と伝統的家屋を見学しました。洞窟の水は青く見えても透明度が高く、カラフルな魚が泳ぐ様子がよく見えました。結構深いそうです。

ouvea2013-07.JPG

ouvea2013-08.JPG

続いて、昼食会場のレストランへ。天使のエビとサラダ、魚料理、デザート、ロゼワインというセットでした。

ouvea2013-05.JPG

レストラン近くの海です。天気が良かったこともあり、白い砂浜と、青のグラデーションがとてもきれいでした。

ouvea2013-06.JPG

この後は、ムリで自由時間でした。並木の向こうにあるムリの教会は、まるで絵の風景のようでした。

ouvea2013-09.JPG

遠方に、サンゴ礁が隆起してできたというレキンの絶壁が見えました。

ouvea2013-11.JPG

砂洲で遊んだり、海でちょっと遊んだりして過ごしました。なぜか犬が絡んできて困りました。後から聞いた話では、この島には狂犬病はないということでした。

ouvea2013-10.JPG

ムリ橋です。橋の向こう側には、いいホテルがあるということでした。機会があればゆっくり滞在したいものです。

ouvea2013-12.JPG

この辺りでウミガメが見られることもあると聞いていましたが、この日は大型の水生生物には出会えませんでした。

時間通りにお迎えの車が来て、レストランに戻ってティータイムを楽しみました。
(犬に遊ばれたこと以外は)鮮やかな海と自然を堪能した、のんびりした1日でした。

ニューカレドニアのサンゴ礁とそれに関連する生態系、美しい景観は「ニューカレドニアのサンゴ礁:環礁の多様性と関連する生態系」は2008年にユネスコ世界遺産(自然遺産)に登録されています。


2013年ニューカレドニア旅行記事一覧
ニューカレドニア その1(行程) / ニューカレドニア その2(カナール島) / ニューカレドニア その3(ヌメア) / ニューカレドニア その4(ウベア島) / ニューカレドニア その5(リビエル・ブルー州立公園)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2013ニューカレドニア その3(ヌメア) [バカンス]

思い出に浸りつつ書く2013年ニューカレドニア旅行の記事の続きです。
 → 2013年ニューカレドニア旅行記事一覧はこちら

このときの拠点は首都ヌメア(Nouméa)。まだカナール島しか書いていなかったので、今回は町の景色を載せます。

現地ツアーも使ったりしたので、街歩きは数日にわたり細切れにちょこちょこしていました。一番たっぷり時間をかけた日は、宿泊していたアンスバタのホテルから、シトロン湾を経て、朝市の開かれる市場、ココティエ広場、F.O.L.の丘と、割と長距離を歩きました。

シトロン湾のあたりは、ホテルやお店がまとまっており、ビーチもあってコンパクトに楽しめそうなエリアでした。観光案内に載っているような素敵な写真は撮りそびれ、手元には単なる海の景色しか残っていません。

Noumea2013-1.JPG

市場の建物の一部です。天使のエビなどが売られているのですが、訪れたときは少し時間が遅かったので片づけ始めていました。

Noumea2013-2.JPG

街の憩いの場、ココティエ広場です。公園周辺にもお土産屋さんがいっぱいありました。この近くにはエルメスのお店があって、限定のカレ(スカーフ)があるという情報があったので寄ってみましたが、在庫確認はしてくれたものの売り切れていて残念でした。今はもうこのお店は閉店したという記事を見たことがあるので、立ち寄ったことは二度とない思い出になりました。

Noumea2013-3.JPG

こちらはサント・ジョセフ大聖堂です。中にも入れました。

Noumea2013-4.JPG

F.O.Lの丘からの景色です。てっぺんの建物に落書きがたくさんあって、ちょっとソワソワした気分になったのを覚えています。写真は薄曇り。スカッとした天気の日なら景色はもっと美しいのだろうと思います。

Noumea2013-5.JPG

帰りはバスに乗り、スーパーに寄りました。さすがフランス領、フランス本土と同じスーパーもあり、見慣れた商品もあって買い物がしやすく、フランスワインも充実していました。本土で使っていたスーパーのポイントカードを通してみたら、使えました!

ニューカレドニアならではのビールもありました。お土産に持ち帰りました。

Noumea2013-6.JPG

夕方には、アンスバタ地区のウアントロの丘にのぼるのがヌメア観光の定番のようなので、行ってみました。丘に上るのに結構時間がかかったので、時間には余裕をもって動くほうが良いと思いました。丘の上には大砲の展示もありました。

N.Caledonie2013_AnseVata-7.jpg

夕日をしつこく見ていると、帰り道が暗くなってしまいます。ギリギリ明るいのもいいですが、人が減ってくるとちょっと寂しい気持ちになります。

こちらは海の夕焼けです。

N.Caledonie2013_AnseVata-6.JPG

ヌメアでの食事は、ピザを持ち帰ったりスーパーに行ったりして部屋で気軽に摂っていたので、あまりレストランには行っておらず、残念ながら食事情報はあまり書くことができません。

唯一きちんといったレストランは、ル ミレッティ ガスコン(LE MIRETTI-GASCON)でした。この頃はフランス語を多少は話せたのでさほど不便はありませんでしたが、看板に日本語も書かれていたので、日本人には過ごしやすいと思います。地元の魚料理などをいただきました。


Noumea2013-Miretti-Gascon2.JPG

今もトリップアドバイザーに載っています。コメントは賛否両論、意見は分かれるみたいです。高級レストランではなく庶民的なお店だったので、個人的には期待通りでした。

Noumea2013-Miretti-Gascon1.JPG



2013年ニューカレドニア旅行記事一覧
ニューカレドニア その1(行程) / ニューカレドニア その2(カナール島) / ニューカレドニア その3(ヌメア) / ニューカレドニア その4(ウベア島) / ニューカレドニア その5(リビエル・ブルー州立公園)

nice!(1)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2013ニューカレドニア その2(カナール島) [バカンス]

2021年あけましておめでとうございます。
本年ものろのろと書いていきます。

コロナ禍によりほぼ家の周辺から離れることなく過ごしているので、思い出に浸りつつニューカレドニアに行ったときの記憶をたどります。
 → 2013年ニューカレドニア旅行記事一覧はこちら

この時は、ニューカレドニア(フランス領、フランス語ではNouvelle-Calédonie)の首都ヌメア、中でもアンスバタ(Anse Vata)というエリアに宿泊していました。空港からのバスで行けたので楽でした。日本人がよく使うホテルや、お土産屋、レストランなどがたくさんありました。

エキゾチックな木彫りのあるレストランも。

N.Caledonie2013_AnseVata-1.JPG

到着した日はあまり時間もなく、おとなしく近辺を歩く程度でした。
バスに乗っていた日本人観光客は多くが新婚さんという雰囲気でゴージャスなホテルで降りていきましたが、わがホテルはもうちょっとお手頃価格のところ。でも、海は見えました。近くの海に浮かぶのはカナール島。カナール、Canard、つまりアヒルの島…?

N.Caledonie2013_AnseVata-2.JPG

翌日はカナール島へ行ってみることにしました。水上タクシーでたったの5分と、興味本位で手軽に行ける島です。水上タクシーに乗るときにちょっと足元が濡れた記憶があります。この時は100円ショップのサンダルを持参していました。カナール島の浜は珊瑚でゴツゴツしていたので、サンダル必須です。

N.Caledonie2013_AnseVata-3.JPG

着くと同時に、住む島ではなくリゾート島なのだなと悟りました。ビーチに寝転ぶ人、シュノーケリングやパドルボードを楽しむ人々で賑わっていました。海は浅く、海辺でちょっと遊ぶにはもってこいで、海に顔を突っ込んで魚を探したりして過ごしました。

N.Caledonie2013_AnseVata-4.JPG

カナール島からアンスバタ方向を見ると、こんな感じです。右側の山はウアントロの丘で、夕日スポットになっています。夕日の写真はまた次回。

N.Caledonie2013_AnseVata-5.JPG



2013年ニューカレドニア旅行記事一覧
ニューカレドニア その1(行程) / ニューカレドニア その2(カナール島) / ニューカレドニア その3(ヌメア) / ニューカレドニア その4(ウベア島) / ニューカレドニア その5(リビエル・ブルー州立公園)

nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行

2013ニューカレドニア その1 [バカンス]

今年は日本国内でさえも長距離移動がままならないので、フランス領、ニューカレドニアの旅行(2013年)を振り返ってみることにします。
 → 2013年ニューカレドニア旅行記事一覧はこちら

日本からはエア・カラン(Aircalin)でヌメアまでひとっとび。苦労なく目的地にたどり着けました。
このときの旅程は以下のとおり。

1日目-2日目 東京~ヌメア
3日目 ヌメア(カナール島)
4日目 ウベア島
5日目 ヌメア
6日目 リヴィエール・ブルー州立公園
7日目 帰国

1週間で、まあまあ楽しめます。

ヌメア・トントゥータ空港(L'Aéroport International de Nouméa - La Tontouta)に着くと、もうそこは南国の雰囲気でした。2012年に改修されたと書いてあったので、かなり新しかったのだと思います。

N.Caledonie2013_Noumea_La.Tontouta.JPG

ボチボチ書いていきます!


2013年ニューカレドニア旅行記事一覧
ニューカレドニア その1(行程) / ニューカレドニア その2(カナール島) / ニューカレドニア その3(ヌメア) / ニューカレドニア その4(ウベア島) / ニューカレドニア その5(リビエル・ブルー州立公園)





nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:旅行
前の10件 | -